建築ブックマーク

ホームページ | ご支援のお願い | お問い合わせ



カサ・ミラ


カサ・ミラ

「グラシア通り」の北側、地下鉄Diagonal駅から1ブロック南にある「カサ・ミラ」(地図)。

ガウディ最後の民間建築物になった作品で、竣工は1912年です。




「カサ・ミラ」のバルコニーの鉄柵は、ガウディ自身がデザインし鋳造したものをもとにジュジョールが完成させたものです。

一つ一つが異なるデザインで、このバルコニーの手すりを一つずつ見ていくだけで、鉄彫刻の作品展を訪れた気持ちになります。

現在では考えられない、建築という枠を超えたアートの世界がここにあります。

カサ・ミラ




カサ・ミラ

「カサ・ミラ」は1つの建物のように見えますが、実際には2つの敷地からなり、エントランスや中庭などは、それぞれの敷地に1つずつ設けられています。

写真はプルベンサ通り側のエントランスを内部から撮影したものです。

こちらの門扉も鉄で作られていますが、バルコニーの手すりと比較すると、シンプルで柔らかな優しい印象を受けます。




「カサ・ミラ」の中庭庭に面する最上階の住戸部分。

カサ・ミラ




カサ・ミラ

見学者用に住戸内部も公開されています。




「カサ・ミラ」の屋上です。

イースター島のモアイ像のイメージに近いものを感じました。

カサ・ミラ




カサ・ミラ

「カサ・ミラ」の屋上から北東方向を見たバルセロナの風景です。

写真左手に「サクラダ・ファミリア」、右手に「トーレ・アグバール」が見えます。

バルセロナにある高層建築の数は本当に数えるほどで、日本や成長著しいアジアの新興国の主要都市と比較すると、街の風景は全く違って見えます。




この写真のバックに写っている建物は「カサ・ミラ」ですが、グラシア通りに適当な間隔をおいて配置されているこの街灯も、ガウディがデザインした作品です。

カサ・ミラ




カサ・ミラ

ひと目見ただけで、ただの街灯ではない!と誰もが感じることでしょう。


ホームページに戻る


テキスト・写真の無断転用を禁じます。
Copyright (C)2017 kbookmark.com.All rights reserved.