建築ブックマーク

ホームページ | ご支援のお願い | お問い合わせ



グエル公園


グエル公園

「グエル公園」(地図)は、「サグラダ・ファミリア」と並ぶガウディの代表作であり、バルセロナを代表する観光スポットの一つです。





「受付棟」と「守衛室」の間に公園へのエントランス「正門」があります。

この鉄製の扉はガウディが設計した「カサ・ビセンス」から移されたものです。

なんとなく、この門だけは「グエル公園」には場違いな印象を受けたのですが、何らかの理由でこちらに持ってくる必要があったのでしょう。

グエル公園




グエル公園

エントラスを抜ければ、すぐ目の前に大階段。

もうご覧のとおり、大階段周辺は溢れんばかりの人・ヒト・ひと!




エントランス前の大階段を登ったところにある列柱群と天井に設けられたモザイク画です。

これらの柱は屋上の中央広場を支えると共に、もともと住宅街のオープンスペースとして計画されていたため、住民のための市場として利用される予定でした。

ギリシアの植民地のイメージで計画されたため、柱はギリシア神殿のようなドリス式、屋上の広場は「ギリシア劇場」と呼ばれていたそうです。

とは言っても、天井の曲面やモザイク画にガウディらしさが見て取れます。

この列柱群の下部は貯水槽になっています。

グエル公園




グエル公園

列柱群が支える中央広場です。

「グエル公園」は丘の斜面につくられていて、広場と呼ぶにふさわしい平坦なスペースを確保するため、このような列柱群で広場を支える造りになっているのだと思います。

実際、公園内はこの広場以外はアップ・ダウンが激しく、さらに最寄りの地下鉄駅やバス停から公園までも坂道が続きますので、体力に不安を覚える方は、適当な場所からタクシーを利用されたほうが良いでしょう。




実は「グエル公園」を訪れた際に、必ず見たい!と思っていたのがこの中央広場の西側につながる回廊です。

というのも、もうかなり前に、安全地帯の「月に濡れたふたり」という曲のPVや、この曲が使われていたCMに、この回廊が出てくるシーンがあって、ずっと記憶の片隅に残っていたんです。

それで、ドキドキしながらこの回廊に向かったのですが、PVやCMのイメージとは全く別の世界で...決してガッカリしたというわけじゃないんですが...

グエル公園




グエル公園

中央広場の背後、山側はこのような感じです。

広場から一段上がった所にカフェスペースが設けられています。




広場から一段上がったカフェスペースです。

山の斜面を削って造成したと思うのですが、まるで風化か何か大きな自然の力で、長い年月をかけて創りだされたような神秘的な雰囲気があります。

実際は、この垂直面にそって、トイレやカフェの販売窓口が配置されているので、これが人工的なものと理解出来ますが、そうと気づかない人もきっといるでしょうね。

グエル公園




グエル公園

公園内に築かれている通路です。

あえて人工的な通路を整備して、それを自然の風景のように見せています。


ホームページに戻る


テキスト・写真の無断転用を禁じます。
Copyright (C)2017 kbookmark.com.All rights reserved.