建築ブックマーク

ホームページ | ご支援のお願い | お問い合わせ



台北


台北

かつての「台湾総督府」、現在の「台湾総統府」(地図)。

設計は長野宇平治氏、森山松之助氏、竣工は1919年。

日本初のコンペで設計者が決定した作品です。

審査員には辰野金吾氏、伊東忠太氏らが名を連ね、当時辰野氏の弟子で、共に日本銀行本支店の設計に関わった長野氏の案が選出されました。




「台湾総統府」の北側に建つ「台湾銀行本行ビル(旧台湾銀行本店)」(地図)。

設計は日本国内でも多くの銀行建築を手掛けた西村好時氏、竣工は1938年。

現在も竣工時の姿が、ほぼ残されているそうで、木村拓哉氏などが出演したドラマ「華麗なる一族」では、阪神銀行本店の社員が働くシーンのロケが行われました。

台北




台北

「台湾総統府」の南側に建つ「司法院(旧台北地方法院・高等法院)」(地図)。

設計は、日本統治時代の台湾で多くの作品を手がけ、台湾建築学会の会長にも就任した井手薫氏、竣工は1934年。

4階部分は後(1977年)の増築です。




台湾で最古の博物館「国立台湾博物館」(地図)。設計は野村一郎氏、竣工は1915年です。

当時の最新技術だった鉄筋コンクリート造と煉瓦を組み合わせた構造が採用されています。

外観は新古典主義建築、内部はルネサンス風でドームの部分にはゴシックの要素も取り入れられています。

このような複数の様式を取り入れた折衷的なデザインは、台湾では珍しいそうです。

台北




台北

「国立台湾博物館」の道路を挟んで北側に建つ「国立台湾博物館土地銀行展示館」(地図)。

前「土地銀行」、旧「日本勧業銀行台北支店」だった建物です。

設計は日本勧業銀行建築課、竣工は1933年、2006年に修復工事が行われ、2010年に博物館としてリニューアル・オープンいたしました。




MRT淡水線「台大医院」駅2番出口を出てすぐの所に建つ「台湾大学付属医院旧館(旧台北帝国大学医学部附属医院)」(地図)。

設計は近藤十郎氏、竣工は1924年。

新旧の台北の建築作品を見てまわって、個人的に一番美しいと感じた作品です。

台北




台北

日本統治時代初期に建てられた「西門紅樓(旧台北西門市場)」(地図)。

設計は近藤十郎氏、竣工は1908年。

台湾初の公営市場で、八方から人が集まってくるイメージでエントランスを八角形に、市場全体は十字架をモチーフにデザインされています。

当時は、日本人向けのお店や喫茶店、演芸場が設けられていたそうです。




こちらも台北の近藤十郎氏の作品「台北当代芸術館(旧建成小学校)」(地図)。

竣工は1919年で、日本統治時代は小学校の校舎だった建物です。

戦後、台北市の事務所として利用されていた後、現代芸術の美術館として2000年にリニューアル・オープンしました。

台北




台北

設計者は不明ですが、それがまた興味をそそる「合作金庫銀行城内分行(旧台北十信本店)」(地図)。竣工は1927年です。

建物正面中央には二羽のふくろうが...ふくろうが寝ずの番をしている!という意味があるそうです。

一階中央のオーダーのデザインも独特で、設計者の遊び心が感じられます。




台北駅南側の大通りを東に歩いてすぐの所に建つ「監察院(旧台北州庁舎)」(地図)。

設計は「総統府(旧台湾総督府)」をはじめ、台湾に多くの官庁建築を残した森山松之助氏、竣工は1915年。

「監察院」は、台湾で最も保存状態の良いバロック建築だそうです。

台北




台北

台北駅の北西に「迪化街」(地図)というエリアがあります。

19〜20世紀初めにかけて繁栄した、台北市内でも最も古い街並みが残る場所です。

通り沿いには、様々な商店や問屋が軒を並べ、台湾バロックと呼ばれる建物が点在し、現在も普通に使用されています(日本人の感覚では、修理や補修が必要なのでは!?と感じることも少なくありませんが...)。




迪化街一段を歩いていて、最初に飛び込んできた気になる建物。

台湾バロックと呼ばれる建物は、「建物の正面上部に洋風の装飾を施した」とガイドブックにあったのですが、こういう感じなのでしょう。

台北




台北

バロックというよりも、モダニズム建築よりな建物もあります。

しかし、煉瓦なりタイルなりを貼る予定だったのかな?と変な疑問が湧いてきます。


ホームページに戻る


テキスト・写真の無断転用を禁じます。
Copyright (C)2017 kbookmark.com.All rights reserved.